わが家の一階間取り大公開!

こんにちは!
あなたのお家のお困り収納をプロデュース、整理収納アドバイザー×建築士の竹部礼子です。
わが家にいらした方にいつもびっくりされるのですが、実はわが家、

とっても小さい家です!

写真ではバレづらいのですが(笑)28坪と4人家族にはちょっと、いや結構狭い家なんです。

takebe%e9%96%93%e5%8f%96%e3%82%8a

その大きな理由の一つは予算(笑) 限りある予算内に納めることを最重要課題としてあえて小さく設計したのがこの家。ほんと小さすぎた?と思うことはあるけど結構気に入って暮しています。
特徴は
①玄関が広い
②廊下が無い
③玄関入ったらいきなりダイニング、そして対面キッチンになっている
④収納の位置と大きさの配分

まず玄関だけはとっても広いです。三和土(たたき)の部分で4畳ほどあります。玄関だけ見ると大きな家なんじゃないかと錯覚してしまう程。
もともと自転車に乗る夫の為に、メンテナンス用スペースとして取りました。すぐに手を洗ったり靴を洗ったり出来るようにSKシンクも付けています。夫が自転車を卒業した今ではサッカーをしている息子の練習場になっています^^;(壁がボールの跡だらけになっていますが‥。)

そして②ですが、我が家には廊下専用となっているスペースがありません。お部屋の一部が通路兼用になっています。こうすることで狭い家の全てのスペースを有効に使用しています。

③は土地の条件とも密接に関わっている話になります。
我が家は道路が南側(正確には南東)にある南入りと呼ばれる土地で、オーソドックスに設計すると玄関は道路の正面である南側に作るか、東か西に作って家の正面ではなく横面から入るかの二択になります。
我家の場合土地の間口が狭いし、東西面からの入りだと道路からのアプローチが長くなり雪かきが大変になることなどを考慮して正面側に玄関を持ってきました。そうなると図面を見ても分かる通り、ダイニングには窓が付けられず日が入りません。
そこで日当たりを確保するために、横にある階段と絡めてダイニング上部をすべて吹き抜けにしています。小さい家なのに吹き抜けを作って余計に床が減っているというわけです。でもおかげで朝食時には東側から日が差し、開放感のあるダイニングに^^この吹き抜けも広くみせるポイント。
夕方キッチンに立っていると、帰ってくる子供たちを「おかえり」と一番に迎えてあげられます。またお客様がいらして一番に目に飛び込んでくるのが、キッチンカウンターのこの感じです。
img_7413
カウンターはあえて高めにして、キッチンの雑然とした感じが見えないように。ここが低いと生活感が出すぎてしまうので^^;

そして④ですが、1階で一番大きな収納はキッチンパントリーです。キッチンスペース自体は3.3畳と狭いのですが、冷蔵庫や食品ストックなどは全て1坪あるパントリーに納まっています。冷蔵庫などの家電が目に飛び込んでこないための工夫です。このスペースは私の贅沢で生まれました^^

また、狭いながらも洗面所にも小さな収納を、そして洗面へ行く途中などにも少しのくぼみを利用して棚を設け、最低限のモノを置く場所を確保しています。

収納は大きさよりも場所が大切!

モノが集まる所や動線沿いに設けることでモノが出し入れしやすかったりするのです。

洗面の収納は幅60cmしかありませんが、家族分の下着やパジャマ、タオルなど洗面周りに集まる細々としたモノが全て納まっています。タオルなどは横の洗濯機で乾燥まで終えるとすぐに片付けることができます。
このような工夫があってこそ、小さい家でも収納にストレスを感じること無く暮らせています。

我が家は狭い床面積をバランス良く各部屋に振り分けるのではなく、あえてアンバランスにしています。暮らしを楽しみたい場所(玄関やキッチン)に重きを置いてスペースを割くことで満足感を得ることが出来ました。リビングなどは平均よりも狭いですが大きな家具を置かないなどの工夫で、狭さを感じさせないようにしています。

以上、わが家の間取りについてご紹介でした!

そんなわが家の収納をまるっと公開する(11/28開催)見学会を開催します。題して

『収納見学お茶会』 

詳細は ↑ をクリックでご確認ください♡

 

Pocket

ブログ村参加中! 写真をポチでランキングUPします。
応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

Instagramやってます。良ければフォロー下さい。

Instagram

2016-11-16 | Posted in 家づくりする人必見!Comments Closed 

関連記事