星野恵ちゃんと語ってみた「母親として生きること」

こんばんは!
あなたのお家のお困り収納をプロデュース、整理収納アドバイザー×建築士の竹部礼子です。

昨日は星野恵ちゃんとランチからのカフェデートしてきました^^

星野恵ちゃんといえば、強み発掘のセッションでずばり本質を見抜いてみたり、都会じゃなきゃ出会えない素敵な方々を札幌に招致してくれたりと、札幌の女性起業家の方々の間では一目置かれているのでは?(そんな星野恵ちゃんのブログはこちら

出会いはハンドメイド子供服作家今井理恵ちゃんのせかいち♡made部というイベントでした。

「なんだか忙しそうな人だな~^^」というのが第一印象。でもよく知ると、大胆さと繊細さを併せ持つ魅力的な女性です。

その後、私の仕事の転機となった起業入門講座の先生である梶貴美男さんを招致してくれたことでぐっと距離が縮まりました♡

で、起業入門講座終了後久々に顔合わせ。

なんか毎日のようにFBで見てるし絡んでるしで久々の気は全くしないし!でも意外や意外、ツーショットは初めてでした。

アトリエ森彦にて激写中の星P(笑)

私は珈琲とパウンドケーキを♡ケーキの下に保存剤があったのは内緒ね(笑)

なんかね、二人で居るとずーーーっとビジネスの話とかしてそうですが、意外とそんなこともなく^^
星Pが受取上手過ぎる話とか、昔話とかそんなもんです(笑)

あとはやっぱり家族の話かなーーー。

二人共ガツガツ働きたいしむしろそれが当たり前だと思っているし体育会系だし。そういう意味では似ているんだけど、昨日話てよりシンパシーを感じたのは
「母として生きる」という事に対する価値観でした。

仕事するのも、色んなことに興味をもって自分の世界を広げたいと思って動いていることも、

とどのつまりは「それを子どもに伝えるため」

でも「私、子どものために生きているので。」という看板は出さない。だって既に前提がそうだからあえて言うことでもないという感じなのかな。

伝わりにくいでしょうか(笑)

子どもに「働く世界の楽しさ」を伝えたいから、私も楽しく働きます。「美味しいご飯がある幸せ」を伝えたいから面倒な家事もやる時はちゃんとやる。

あ、お片づけもそうですよーーー。家の空間もその家庭の文化なので。そのまんま子どもたちが「当たり前」として育つ環境なんです。
そう思うと「モノ」じゃなくて「コト」に価値を置きたいな、と常々思っていたりもします。買い物も好きですけどね(笑)

そんなことを再確認した楽しいカフェデートでした♡あ、でもこんな真面目な話は全体の一割くらい(笑)
星P、またデート行こうね~~~♪

■リブラクのサービス■
『収納見学お茶会』わが家の収納を全てご覧頂けます!1月開催募集中(1/23)
詳細はこちら
『収納プロデュース』お片づけが苦手なあなたに変わって、ご自宅の収納を整えます
詳細はこちら
『整理収納アドバイザー2級認定講座』 整理収納の基本をマスターできる人気資格!次回は1/26開催
詳細はこちら
『新築・引越サポート』新築住宅を計画中の方・引越を控えている方に間取り相談や収納アドバイスを行っています
詳細はこちら
Pocket

ブログ村参加中! 写真をポチでランキングUPします。
応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

Instagramやってます。良ければフォロー下さい。

Instagram

2017-01-19 | Posted in ●日々のことComments Closed 

関連記事