4つポジと7ポジと私~完結編

こんばんは!竹部です。

ちょっと開いてしまいましたが、前回・前々回の続き、7ポジについてです。

4つポジと7ポジと私~その①
4つポジと7ポジと私~その②

さて、7ポジの衝撃からはや一週間。
何が衝撃だったかというと、この4つポジに加え新たに出現した3つのポジションの中に、私のドンピシャがあったからなのです。

全ての謎が、その時に解けた!!!!!

まずは7ポジについてご説明しますね。

えっと、4つポジというのは自分の特性や強みを知り、組織や仕事での自分の活かし方を知るためのツールなのですが、7ポジとは4つポジにさらに組織マネジメントに欠かせない3つのポジションを加えた、成果を出せるチーム作りのためのツールなのです!

その3つのポジションというのが

TOP トップ
組織の目指す方向性を決めるポジション。オーケストラで言えば作曲家だったり、ワンピースで言えばルフィー

BM バランスメイク
TOPの目指す指針を実現させるために全体視線で調整する。オーケストラで言えば指揮者、ワンピースは他のキャラ分からず(汗)

RT リスクテイク
リスク回避、発生した問題解決

この3つは、組織が成果を出すためのまさに主軸となるポジションであり、この3つが上下関係がなく横並びであることが重要なのだそう。

組織でTOPといえば社長になりますが、BMやRTにあたるポジションの方がイエスマンだけだと、おそらく上手く行かないんでしょうね。。。何となくですが想像つきます。そんな組織は迷わずコンサルティングを入れた方が良いかと思います。

で、私の様な個人事業主であっても組織は組織。もちろんTOPをやらなくてはいけないし、仕事の実行部隊である4つのポジションもこなさなくてはなりません。その上、家庭でのポジションもあるときたら、忙しすぎるのは当り前。

そうなると成果を取るための行動が減ってしまうことになります。それでは事業的にもマイナスだし本末転倒なのです。

そこで7ポジの出番!どこを自分がやって、どこを人に任せる、つまりどんなチームを作ると良いのか?を7つのポジショニングに沿って考えて行きます。私の場合はやはり一番に手放さなければならないのはBSの業務なんです。やろうと思えば出来るけど結構苦痛。でも仕事量は多い。

これは早めに対策をしなきゃなと思ってます。まずは家庭でのBSから手放し検討中です。⇒4つポジと7ポジと私~番外編『竹部、BS手放します!』

 

そして、私が衝撃を受けた理由。

まさにドンピシャBMなんですよ、私。それはもう開いた口が塞がらないほどに(笑)

今までの梶さんからのアドバイスの数々、またサラリーマン時代に考えていたこと、自分のこれまでの点と点が

ビビビビビーーーーーッ

と繋がりました。ちょっと頭混乱して、しばらく受け入れるのに時間が掛かりました。
あれとか、あれとかは、この事だったのね!って。

こう見えて自分の野望って実はあまり無くて(TOPタイプじゃないから)そのことに対して「これでいいのかな❓」と思うところもあったり、自分の中でもギャップを感じていたり。

でもその謎が解けた安堵と落胆の両方に包まれたセミナーでした。

「BMって実はそんなにやりたいことないねんなーーー」ってセミナー中に梶さんが言っていたのですがほんとその通り過ぎて笑えました(笑)そうなの、TOPの夢を叶えるのが好き♡

もちろん自分のシゴト的にはTOPつまり方向性の決定は自分にかかっているし、そこは今まで同様・いや今まで以上に邁進していきたいけど、7ポジを知ったからには私を上手に使ってくれる人・また私が上手に使える人と良いチームを作っていきながら、なんか楽しいことしていきたいな~と思ってます♪

それにはまずシゴトでBSを手放す!からかな^^

きっとこの重要さにあとから気づくことが解りすぎています。あとは動くだけですね!

ということで3回に渡ってお届けした『4つポジと7ポジと私』シリーズ、一旦終了とします。7ポジを知って、4つポジへの深い理解に繋がったことも大収穫でした。

ほんと使い勝手がよくシゴトや家庭に応用しやすくて、理解することですぐに成果を出せるこの4つポジという考え方がとても良いな~と。

皆さんにお届けできるように準備しておりますので、興味ある方は日程発表をチェックお願いしますね^^

北海かき揚げ、ようやく作ったよ♡

新築・引越サポート / 収納プロデュース / お申込み・お問い合わせ
Pocket

ブログ村参加中! 写真をポチでランキングUPします。
応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

Instagramやってます。良ければフォロー下さい。

Instagram

2017-06-16 | Posted in ■■ビジネス・起業■■Comments Closed 

関連記事