我が家のキッチン、こんな風に作りました~インテリア編

前回はキッチンの設備全般についてご紹介しましたが、今回はインテリアについてまとめてみました。

まずカウンターの高さについて。対面キッチンをご希望される方の場合、カウンターの高さはキッチンに立っている時の見通しが良いようにキッチン水返しから10~15cm(タイル一枚分)程度上げるパターンが多いのでは無いでしょうか。我が家はあえて30cm(タイル3枚分)上げて、ここにキッチンツールを掛けるバーを取り付けて、見える収納にしています。ほぼ毎日使うような計量カップやピラー、ふきんなどをかけていますがすぐに手が届きとっても便利!

こんな感じ^^商品はKAWAJUNのキッチンハンガーポールセットL=1200 です。
IMG_1891

当時購入した楽天ショップは無くなってしまいましたが、こちらでも売っているようです。
『送料500円〜』KAWAJUN カワジュン キッチンアクセサリー φ15ハンガーポールセット(L=1200) KC-01S-2C

調味料を置いているのはドレーナーという商品。
『送料500円〜』KAWAJUN カワジュン キッチンアクセサリー ドレーナー KC-011

また高さを上げることでることでダイニング側から見た時にキッチンの雑然とした感じが見えず、カフェっぽい雰囲気がでます。
DSC02464

床は東リさんのPタイルMV46とMV78を市松貼にしました。
リビング・ダイニングと一つづきの間取りなのでそのままフローリングを貼るかどうか迷いましたが、使用しているフローリングが無垢材でワックスも浸透性のものを使っており水や汚れにはあまり強くないので、リビングとの堺に一旦見切り材を入れて、床材を切り替えました。
我が家の場合子どもや夫も台所に立つこともあり、水はねや油・調味料の飛び散りが私一人で使う時よりも多いこと、キッチンマットを使用しないことなどを考慮し、汚れても気にならない床にしました。クッションフロアは見た目と耐久性を考えて候補にはなりませんでした。
P1100845

壁タイルはシルバーのレンジフード(富士工業TPR-3M-901 ※すでに廃盤)やカウンタートップと合わせ男前キッチンにするために、ここは冒険で黒色を選択。ただ、ツヤっとしているタイルだと昭和風というかバブル風というか危険な臭いがしたので、あえてマットな質感のタイルを選び、目地を白ではなくライトグレーにしてメリハリ付け過ぎない感じにしました。
P1100845
商品はLIXIL(当時INAX)のミスティキラミックという一番安価でベーシックな100角タイルにしてコスト削減しています。。(こちらもすでに廃盤のようです) モザイクタイルなども素敵ですよね^^(お値段が・・・倍くらいになりますが、笑)

こんな感じで我が家のキッチンの作り方を2回に渡ってお届けしました。
今家づくり進行中の方、これから家を建てたいという方の参考になると嬉しいです♡

キッチン収納にお悩みの方、もう作っちゃったわという方、キッチン本体は変えれませんが収納は見直せます!只今キャンペーン価格で(キッチンに限らず)整理収納の訪問サービス募集中です。(お申込みはこちら) 是非この機会をご利用ください。

Pocket

ブログ村参加中! 写真をポチでランキングUPします。
応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

Instagramやってます。良ければフォロー下さい。

Instagram

2015-07-21 | Posted in ●我が家のストーリーComments Closed 

関連記事