モノの循環を考えると、手放せる自分になる

おはようございます!

ようやく子どもたちの衣替えに着手できた週末。成長期の子どもたちの洋服はほぼ1年でアウト。今月行われる『お下がり交換会』出品の為にまとめました。

お片付けに伺ったお客様からからの寄付もあり、結構な量に!

洋服に限らず、いただきものが手放せないでお困りの方って多いです。そういう人は決まって「全部ぜったい自分で使わなきゃ」と思いがちなんです。

お客様にもお下がりに貰った服で収納が溢れかえっていたり、なかなか整理出来ずに困っている方がたくさんいらっしゃいます。

でもね、そのいただきものって「絶対あなたに使って欲しい」と思ってくれたものでしょうか?そこまで重くないはず。

きっと「まだ使えるから、捨てるのもったいないな。誰かに使って欲しいな」

という気持ちから親しいあなたの所に巡ってきたもの。あなたの家での使い所が無いのなら、もっと必要としている他の方が使ってくれたら嬉しくないですか?

友人の星野恵ちゃんが立ち上げた子育て相互支援団体かえりんが10月21日に新琴似・新川地区センターにて「お下がり交換会」を開催します。時間は11時~15時です。

ぜひあなたのお宅に眠っている、使われずにいる子供服があるなら、お持ちよりくださいね。必要としている方がいます。そして、お子さんのサイズに合うアイテムを代わりにもらって、今シーズンのワードローブ完成させてあげましょう!

詳細はかえりんのブログで⇒https://ameblo.jp/kaerim/

我が家の服たちも、まだまだきれいなのが沢山あったので、どなたか次の使い手が見つかってくれたらいいな^^

そして、子供服の持ち方、我が家の例もご紹介しております『収納見学お茶会』

10月18日(水)27日(金)竹部宅にて実施です。

ぜひ、我が家のモノの持ち方を見にいらしてくださいね。

収納見学お茶会

Pocket

ブログ村参加中! 写真をポチでランキングUPします。
応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

Instagramやってます。良ければフォロー下さい。

Instagram

2017-10-10 | Posted in ●整理の思考・シンプルライフComments Closed 

関連記事