こんばんは!竹Pです。
今日は新築プロデュースお申込みのお客様との2度目のコンサルティングでした。

初回はだいたい我が家に来てもらって、この小さい家を見てもらいつつご自身の新居図面の寸法確認なんかもしていただきます。

最近お申込みの多い「新築プロデュース」ですが、間取りのセカンドオピニオンと思っていただくと良いかと思います。

もちろんすべてのことが住宅会社さんとお客様との間で解決できたらそれに越したことは無いけど、実際初めての家造りは「こんなこと聞いてよいのか?」と悩んだり、何がわからないのか分からない状態だったりします。なのでまずは図面を見ながら暮らしを一緒に妄想したり、これで良いか?他に選択肢は無いのか?を一緒に考えさせていただいたり、ご提案しています。

今日のお客様は間取り決定の最終段階。だんだんと固まってきた間取り図を二人でにらめっこしながら、窓の大きさや種類に至るまで結構細かい話までできて、初回より安堵の笑顔も増え「納得の家づくり」が出来ているなーと^^

家造りってほんと決めることが沢山あるんです!今日のお客様は「いきなりその場でこの中から決めて!と言われてもなかなか決められなくて^^;」とおっしゃっていました。でも「えー、今日決めなきゃだめですか?そんなすぐ決めれないですよーーー。」とはなかなか言えませんよね。ついなんとなくこれかなーで決めちゃって、後から後悔するかもなんて心配になったりと、金額が大きいだけに悩みも多い。

だからこその第3者目線として客観的立場から色々相談いただけると嬉しいです。

だって『えー、そんな風に出来るなんて知らなかった(T_T)』という後悔だけは避けたいですよね。予算や法の壁があり思い通りに行かない箇所もあるかもだけどそれもちゃんと知って納得しながら進むことが、入居後の満足感に繋がるんじゃないかな^^

いつかの朝ごはん。息子がウインナーと目玉焼き、娘がおにぎりを作ってくれましたよ♡

ということで、いきなりプランに申し込むのはちょっととか、そこまでではないけど家造りの話を私としてみたい!というかたも一度ご連絡くださいね^^

後悔しない家づくり「新築プロデュース」

Pocket