モノを「使い切る」ということ

こんばんは!

札幌の整理収納アドバイザー
建築士の竹部礼子です。

以前の記事で我が家の車の買い替えについて
書いていましたが(その時の記事)

いよいよ、愛車カングーとの別れの時が来ました。

幸いにも可愛がってくれそうな方がすぐに見つかり
その方にお譲りすることに。

おそらく最初で最後の個人譲渡で
色々な手続きを経験しました。

新しいお家での車庫証明を取るのに
警察署にも赴き

名義変更をしに
運輸局にも。

先週から今週頭はそんな手続きで
それはさながら卒業試験の様で

やり終えて
新しい車検証を手にしたとき

寂しさと安堵で
思わず涙がこぼれました( ;∀;)

まだまだ自動車としては
現役のカングーですが

私たち家族にとっては

「使い切った!」

という気持ちが強く

手放す寂しさはものすごくあるけれど
その決断に後悔はありません^^

そこにあるのは

「本当に今までありがとう!」

という気持ちだけ。

最後のドライブは町村牧場まで^^
とってもお天気で、ソフトクリーム日和でした。

あらためて

「使い切る」

というのはモノとしての機能の寿命ではない
感じる事ができた出来事でした。

週末は、新しい車でミニトリップの予定です♪

Pocket

ブログ村参加中! 写真をポチでランキングUPします。
応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ

Instagramやってます。良ければフォロー下さい。

Instagram

2018-06-08 | Posted in ●家族とわたし, ●整理の思考・シンプルライフComments Closed 

関連記事