DSCF0025

夫と最初に暮らしたのは、一度は住んでみたかった円山エリアにある、
昭和な香りのするマンションでした。
ガス湯沸かし器がなんと手動で点火するタイプで(かちって回すやつ)
古いもの好きな私には、それはそれはワクワクする空間でした。
今どきのマンションのような独立したキッチンではなくて、昔の団地のように
リビングの一角がキッチンになっていたので(いわゆるDKタイプ)
家具でアイランドカウンターを作って空間をゆるく区切り、
反対側のスペースに小さなダイニングテーブルを置いて
食事のコーナーを作ってみたり、狭いながらも工夫しながら楽しく暮らしていました。
小さいなバルコニーもあり、美味しい食べ物やさん(呑み屋が正解(笑))も徒歩圏にたくさん!
子供のいない夫婦には申し分ない立地条件でした。

ただ、古い=水回りがちょっと・・・・狭い、古い・・etc.

一人目の子を妊娠しまして、赤ちゃんのお世話をするにはこのお家じゃないのかな~と思い、
夫と相談して大好きな円山を離れる決心をしました。

次の家は私の実家の近くのエリアに絞って探しました。
住宅街なので賃貸物件が少なかったのですが、
「ここ空いてたら住みたいね」と言っていた物件にちょうど空きがあり、即決。
そして引っ越ししたのは2LDKで築浅の低層マンション(キレイ!)。
1階だったので赤ちゃんを抱っこしても移動がラクで、部屋の広さも夫婦+赤ちゃんには十分。
鉄筋コンクリート造なのでそれほど寒くもなく、快適な住まいでした。

その2に続く・・・。

Pocket