P7130249

実はこの引越し前にマンションを買いかけたことがありました。モデルルームなどをいろいろ見学していたことは前回書きましたが、とある新築マンションが気に入り、ローンの事前審査までしたのです。立地は希望通り、間取り良し、デザインもまあまあで広さも十分で値段もそこそこ。

でも判子を押せませんでした。

なぜって?そこには私が住まいに求める、心動かす「何か」がなかったのだと思います。「決め手」の様なもの。条件だけみると100点に近いのだけど、思い切れない自分がいました。

条件だけでは契約できない・・・って結婚と似ている気がしますね(笑)。「悪い人じゃないんだけどね・・・。」というやつです。

結局、私の広いキッチンの家に住みたいという欲望を満たし、また住宅を設計するものとして分譲マンションのメリット・デメリットを肌で感じてみたいという好奇心を満足させるべく選んだのは「分譲リース物件」でした。

分譲リースというのは、転勤などの理由でオーナーが住めなくなった物件を賃貸として借りるシステムです。もともとファミリー向けなので広々としており、キッチン等の水廻りもの仕様も賃貸と比べるとハイグレード!つまり買わずして立派で広いマンションに住めるのです。当然家賃などは賃貸物件に比べるとお高めに設定されてることが多いのですが、「これも勉強代」と割り切り、3LDKの分譲リース物件を借りることにしました。そしてそこで暮らしながら、「ピン!とくる」のを待とうと思ったのでした。
なかなか話が進みませんが(笑)、今日もお読みいただきありがとうございました^^  

続く・・・・・。

Pocket