Live Simply,Laugh Often,Love deeply. ベタだけど、これがいいなと思う。
IMG_5394最近良く聞くんですよね。
「夫がモノを捨ててくれなくて」とか
それ聞くといつも「は~~~~~っ。」とため息でちゃう。

もしかして、奥さんに片付け丸投げしてるのかなって。
みんなでやらなきゃダメじゃない?だって誰の住む家さって感じでしょ。
仕事から帰ってきて家キレイな方が、くつろげない?
スッキリしたところで身体休めるほうが、良くない?
だったら自分も片付けやろうよ!せめて自分のモノくらいはしっかり片付けようよ。
定休日あるんでしょ? と言いたい。

自分は捨てれないくせに、片付いてないの人のせいにしてないですか?

夫婦なんだから、家族なんだから、助けあおうよ!

学生時代のもう覚えていすらしないなんかの道具とか
ほんとに要りますか?
そんな大切に保管もされていない、埃かぶったモノがあなたの思い出ですか?

で、捨てていい?って聞いたらダメだって言うし。
いやそれいつか使うからって。

そんないつか絶対に来ませんから~~~~~!

ほんとにに捨てて後悔するのか、面倒くさがらずにちゃんと考えて欲しい。

だってそれがそのモノを家に持ってきたあなたの責任だよね。

そんな使わないモノたちに埋め尽くされてあなたの家の収納はぱっつんぱっつんです。
だから普段使うモノが入りきらなくて溢れて床に散らばってるんですよ。

使わないモノ整理したら大抵は納まるの。
しまいたい場所に使いやすいようにしまえるようになるんですよ!

邪魔してるのはその大切な思い出のフリした
でもホントは全然見向きもされていない
使われることのないモノたちなんです。

そんなんで、モノを大切にしてるって言えますか?

モノを大切にするようにって子どもに伝えられますか?

そもそもあなたにとってモノを大切にするってどういうことですか?

そろそろそんなの止めません?

今まで使ったお金は高い勉強代!
それで子どもに一つでも伝えることが増えるなら
「本当にモノを大切にすることの意味」が分かるなら
それで良かったんじゃないかな?

思い出ボックスは作ってもいいけど、
取っておく思い出は、それを使う時を想定しましょうね。
思い出とは家族でちょっと昔の自分たちを懐かしんで
今まで頑張ってきた自分たちを褒めて、次に進む勇気をもらって
そして楽しく会話するための、そんなツールです。
それが最後の役目です。

あなたが亡くなるまで保管するものではありません。

あなたが亡くなった時、棺に入れることができるのは
ほんの一握りのモノだけです。
その瞬間に、何を入れてもらいますか?

人は思い出のモノが無くても生きていけるはずです。
そんなに弱っちくないです。
だって思い出は心のなかに沢山あるでしょ?

あとは思い出話をするときに
花を咲かせるために
ほんのちょっとあれば良くないですか?

さあ、言い訳を探すのはもうやめて、一歩踏み出してください。
大切な家族で住む家です。
あなた達だけの心地よさを。
他人の家がどうとか、本がどうとか、そんなの関係ないですよ!

自分たちのために、やるかやらないか。

それだけ決めれば良いんです♡

Pocket