本当の自分に出会う旅

整理収納の基本は
①まずは『整理』~要不要を判断して、必要なものを残す
②次に『収納』~使いたい場所や用途を考えて収納場所を決める
③最後に『片づけ』~整理収納で作った仕組みを維持する
です。

素直にこの通りやれたら誰でも上手に住まいを整えられます。

この手法でお客様に物の要不要を判断してもらい、お客様の家事動線や希望する暮らし方をヒアリングしながら、収納位置を決めていく。すると維持が簡単になる!
これが一般的な最強の片づけメソッドです。

「答えはお客様自身の中にある」

それを引き出してこそ整理収納は上手くいく。そう考えられています。

本心、見えてますか?

人は時に心にもない事を言ってしまったり、自分の胸の内にある本心にフタをして、上辺だけの事を言ってしまいます。
私だってそうです。素直になるってすっごく難しいことだから。

「これはまだ使っているから。」
「これは使う予定があるから。」
「これは大事なものだから。」

でも、使っていない物も大事にしていない物もちゃんと語ってくれます。
その空間に、物の持ち方に、あなたの「本当はこうしたいのに!」という気持ちが隠されているから。

・もっと子どもたちに安心して暮らしてもらいたい!
・もっと自分も心穏やかに暮らしていきたい!
・もっと家族とちゃんとコミュニケーションを取りたい!

その声に気づくことが真に幸せな暮らしの場を作る出発点となります。

人生は旅です。
旅の荷物は「今使う物と、ほんのちょっとの楽しい思い出と、次の旅にも必要な物」だけで良い。
そんな旅にはきっと、たくさんのワクワクと楽しいアクティビティが待っている目的地に軽やかに行ける、そんな気がしませんか?

溢れすぎた物たちは、今まであなたを守っくれていたお守りのようなもの。
手放す時が来ました!

あなたの旅に不要になった荷物を下ろすお手伝いをさせてくださいね。

物の量には、その人ごとにキャパシティがある

もう一つリブラクで指標としているのが、その方自身の物の量に対するキャパシティです。
簡単に言うと、多くの物に囲まれているととっても疲れてしまう人もいれば、物が多くてもへっちゃらという人もいます。
それはおそらく持って生まれたその人の仕様によるものだと考えられます。

なので家族間でのキャパの違いのせいで、誰かにとって居心地が悪くなってしまうということも往々にしてあります。

そこを調整して、家族にとってベターな空間にしていくことも大切に考えています。

リブラクのお約束

リブラクでは整理収納の基本をベースに

●あなたが望む本来の生き方に寄り添える空間の作り方を見つけ
●あなたとご家族のキャパシティを考え、エネルギーを奪われない環境を作り


あなたとご家族が心から安心して、パワーチャージして、仲良く楽しく暮らすための空間を作ることをお約束いたします。