今日・明日とリブラク11月の収納見学会祭りを開催中です。
本日はご友人同士のグループでご参加いただきました!

片づけを通じて知り合った友人同士という事で、上級のご質問もたくさんいただき、とても盛り上がる会となりました。

その中でも印象的だったのが、私と同じく布団カバー使用しない組の方がいたこと!
二〇リの洗える布団を使っているところまで一緒で、とても盛り上がりました。

以前は私も「布団にはカバーをかけるもの」という固定観念だけでカバーをイライラしながら付け替え、洗い替えまで持っていました。が、ある時辞めてみてスッキリ!

布団が洗えた方がむしろアレルギー体質の子どもには良いという事にも気づきました。
それ以来、見学会に参加する方にはおススメしております♥

私たちはつい、固定観念に左右されて暮らしを構築しがちです。
そこに気づくだけでも、色々と不要な「コト」を捨てられると思います。

そしてもう一つ話題に上がったのが自分のキャパはどのくらいか?という話。

「時間が出来たらアレをやろう」
「あとからいるかどうか見てから捨てよう」
「子どもが大きくなったら〇〇やろう」

これ、実現しないことが多いです。
それは私たちが、自分の時間がたくさんあると多めに見積もっているから。

自分で自覚している以上に私たちに時間は無い。やれることは少ないのです。
それに気づいて、やること・やらなきゃいけないことを捨てるだけで
ココロにはゆとりが生まれます。

自分のキャパに気づく事も、家がモノで溢れかえらないためには必要だなと
以前の自分を振り返って思います。

そしてさらに、年齢と共にキャパは減り続けます。
でも楽しみが減るわけではない。

自分の気持ちを良く聞いて、本当にやりたいことを優先してやる。
そうすることでキャパは減ってもココロは豊かになるんじゃないかな^^

整理収納とはモノの整理ではなくコトの整理。

「すべき」や「こうする方が良い」といった考えで自分の暮らしを作るのではなく
何に自分が幸せを感じるかを大切にしてほしいなーと思います。

明日の見学会はまだお席ありますので、ピンときたかはぜひご連絡くださいね。

Pocket