昨日はLIMIAでのデジタル収納の連載についてご紹介しましたが、我が家にデジタル収納ツールであるスキャナー・ScanSnapがやってきて4年、スキャンすればするほど今までの『紙』の保存に対する価値観が変わってきました。

一番変わったのは『思い出の保管』について。

それまでは、子どもたちの書いた絵などはやはり現物保管しないと、タッチや息使いみたいなものが感じられないのではないか?

すでに写真での保管を薦めている方もいましたが、「いや~、現物でしょ!」と思い、思い出保管スペースのキャパを超えるものに付いては、精査して処分していました。

が、我が家にスキャナーScanSnapがやってきて、使い方を試行錯誤していく中で試しにスキャンしたのが、姪っ子が昔プレゼントしてくれた保管していたイラストの数々。

多分年長さんくらいの時かなー?夫のことほんとにカッコいいと思っていたのかは不明w
小1 結婚式の時にプレゼントしてくれました 脚長ーーーーー!
息子の1歳の誕生日に描いてくれたもの 服とかリアルに再現

姪っ子は今はもう大学4年、すっかり大人になりましたが、この絵を見ただけで昔の小さくて可愛かった姿が思い浮かびます♪
ホント可愛かったーーーーー❤❤❤あ、今ももちろん可愛いんですけどね!

そう、一番伝えたいことは

原本じゃなくても全然大丈夫!!!

いやむしろ、ホコリだらけで触ったら痒くなりそうな状態で取っておくらいなら、むしろデータにしちゃった方が良い位に思ってます(笑)

ちなみに絵の掲載については未承諾なので、ここで謝っておく💦勝手に載せてごめんねm(_ _)m

スキャナーの便利さについてはこのブログでもお伝えしているので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

また、スキャナー購入について迷っているとか、もうちょい詳しく知りたいわーという方がいましたらScanSnapプレミアムアンバサダーの竹部までお気軽にお問い合わせくださいませ♪

住宅と収納の専門家

【住まいのお悩みはリブラクまで】
●片づけから開放された暮らしがしたい
●家造りの相談がしたい
●家や職場の収納プランを練り直したい

整理収納アドバイザー×建築士の経験と知識で暮らし全般のお悩みに対応いたします。