「続ける」習慣という本を読みました。

著者は習慣化コンサルタントの古川武士さん。
片づけの上達?というか片付けの維持にも欠かせないのが習慣化。

でも、もともと習慣になっていない方が取り組もうとすると、いくつものハードルがあり、その達成を邪魔してきます。
本書ではそんなハードルに対して根性や気持ちじゃなく、スキルをもって対応する術を教えてくれています。

読み終えると、今まで感覚でとらえていたことが色々とつながって、さっそくやってみたくなった!

で、始めたのが

「朝のうちに夕食のメインを作る」

という作業。

今週はまずは火・木とやってみました。
やってみたら意外とこれが良くって♪

なかなか良かった点

①冷凍肉が使いやすくなった
いつもは15時ころに「あ、解凍してない💦」と気づいて冷凍庫から出して解凍するも間に合わない。朝料理するなら、夜のうちに献立立ててお肉も解凍に回しておける。

②夕方のゆとりが断然違う!
火曜も木曜も息子の勉強のお付き合いタイムがあるのだけど、いつもなら、息子帰宅⇒母まだ仕事終わっていない&娘のお迎えなどでバタバタ⇒本当は17時にスタートしたいけどできない⇒結局18時スタート⇒母ごはん支度もあるので集中できない という流れになり、疲れて中止しちゃったりね。でも夕ご飯作る心配がなくなっただけで、スムーズにできた。

何だろうこの感覚?

片付けの時も思うのだけど、何かから解放されたりストレスがなくなるだけで、いつもと同じ時間が流れているはずなのに、すごく違う日常になる。格上げされたような感じ!

習慣化することはきっと人生に大きなものをもたらすと思います。
気になる方はぜひ読んでみてください。

Pocket