テレビを見るのが好きです。昔っからテレビっ子でした。今もごはん食べながら見たいし、ドラマもチェックしたい!

家事してたり子どもの送迎していると見逃すことも多いので、テレビ付けのHDでの録画は必須でした。

でも、良い時代になりましたね!Tverで見逃し配信を見れたりと、あまり録画にも執着しなくなってきました。なんて自由なんでしょう✨

と、今回はそんなアプリのご紹介ではなくて、ソファとテレビの位置関係の話。昨日思い立ってソファの位置を変更しました。

以前の配置はこちら。写真左手にテレビがあります。テレビとソファは正面配置。一番ベーシックで見やすい配置です。我が家の間取りの場合はソファの後ろに壁もあるので、家具の落ち着きもあります。

ルンバ稼働中~♪

そして変更後はこちら。テレビとソファが90度の配置です。家族からはちょっと見づらいと不評ではありますが、さほど遜色ありません。今までソファを置いていた壁でストレッチをしたいので、暖房機の前に夏限定で変更しました。

こうすると、実は以前より部屋が広く感じられます。リビングでくつろぎやすくなりました。

例えば以前収納プロデュースさせていただいたお客様のリビング。ソファとテレビは正面の位置でしたが、ダイニングやキッチンを背にしてソファに座ることになり会話しづらかったり、部屋が狭く感じ掃除もしづらくなっていました。

そこで直角配置に変更。

同じ部屋とは思えなくらい広く感じられ、家族の顔が良く見える家具配置に。キッチンに立つ奥様とソファでくつろぐ旦那様の会話も弾むように♥

このように、つい先入感でテレビの正面にソファを置きがちですが、間取りとソファの配置によっては、すごく部屋が狭くなったり、動線を塞いでしまったりします。テレビの見え方は90度の配置になってもさほど気にはなりませんので、見え方以外の要素も検討して配置を決めていきましょう。

Pocket