こんにちは! 整理収納✕建築士の竹部礼子です。

カフェにあまり行けなくなったからカフェみたいな家にしたシリーズ、第一弾!
今日はキッチンのカウンター高さについてです^^

 

キッチンといえば対面キッチンを希望する人が本当に多くて我が家もそうなんですが、キッチンのカウンターの高さって変えられるの知ってましたか?

注文住宅じゃないとこういうリクエストはできないのですが・・・。

我が家のキッチン、作業台の水返し高さから30cm(10cmタイル3枚分)上げて作ってもらっています。そうすると「コックピット感」が出てお店風に。ダイニング側から見た時に手元が隠れて、カフェっぽくなるんですよね♪

 

こんな感じね^^

 

これが普通だとだいたいタイル一枚、10cmくらいしか上げないでカウンター作っちゃうことが多いのです。これもうなんとなくーとか、慣例の世界(笑)
でもそうすると作業スペースに置いてあるモノとか洗って立てかけたまな板とか洗剤とかまで見えちゃって、生活感がかなり出ちゃいます。

最近のカフェだとオープンなキッチンのところもあります。また実際の住宅でもアイランドキッチンといってキッチン天板が90cmくらい奥行きがあるものが人気があります。でも、これだとすべて見渡せちゃうので、かなり置くものに気を使っちゃいますよね(;´∀`)

全部おしゃれなもの置くのって結構疲れちゃうので(笑)ホドホドに隠れているくらいが私のようなズボラタイプには良いかなと思います。

 

『カウンターを少しだけ高くする』

それだけで全然雰囲気変わるんですよーーー。もし、これから家を建てる方がいて対面キッチンを希望するなら、ぜひ両パターンのキッチンカウンターを見てから決めて欲しいなと思います!

もし、賃貸住宅やすでにご自宅を購入済みで変更できないという方は、カウンターにカフェっぽいアイテムを置くとか、ショーケースの様なちょっと高さのある目隠しになるモノなどを置くと良いですよ♪

住宅と収納の専門家

【住まいのお悩みはリブラクまで】
●片づけから開放された暮らしがしたい
●家造りの相談がしたい
●家や職場の収納プランを練り直したい

整理収納アドバイザー×建築士の経験と知識で暮らし全般のお悩みに対応いたします。