この日曜日は人生で初のマラソンレースに挑んで無事完走することができました。
Facebookにこのチャレンジを投稿したところ、本当にたくさんのいいねやコメントをいただき、めちゃめちゃ嬉しかったです!ありがとうございました♪

私が参加したのは「北海道マラソン」(略して道マラ)全国のランナーにも大人気のレースなのです。
ただし、フルマラソンではなく12.1kmのファンランコースですよ。

若い時から長距離が苦手で、ここ数年で5キロも増量してしまった45歳の私が、なぜマラソンにチャレンジしてどうやって完走できたかの記録を残しておきたいと思います。しばしお付き合いくださいね。

なぜ道マラにエントリーしたのか?

エントリーを決めたのは2月ころだったと思います!よーしやってやるぞ✨という気合は全然無かったのですが、ただ成り行きで決めたわけではなく実はこんな理由がありました。

理由①トレーニングに行く理由が欲しい

実は一年ほど前から整骨院併設のパーソナルトレーニングジムに入会していました。1時間×月4回。20分トレーナーがついてくれて、次の20分は自分で筋トレそしてラスト20分は有酸素運動をするというカリキュラムなのですが、整骨院が運営していることもあり最初の20分はマッサージか筋トレ指導か選べるんです。
それが魅力でここに決めたこともあり、選ぶのはほとんどマッサージ♥ 筋トレをするモチベーションがなかなか上がりませんでした。

ただ、ここのスタッフが本当に良い方たちばかりで。そんなこともあり楽しくは通っていたのですが一向に筋力も上がらず、体重も減りません(笑)
そして冬にさしかかると通うのが億劫になり丸一か月以上行かない事も。
「あ、このまま辞めちゃおうかな。」と一度退会の申し出をしたのですが、その頃ちょうど北海道マラソンの参加募集の時期になりました。

あ、コレ出る事を目標にすればトレーニングも出来るかな?
そう軽く思ったのが理由の一つです。しかもファンラン5キロくらいだと思っていた私w

理由②ランナーの夫が拗ねていたから

こんな事を書くと当の本人からクレームが来そうですが。(というか絶対来ます、夫はこのブログの読者なのでw)

元々息子が生まれたくらいからマラソンを始め、100キロウルトラマラソンに挑戦するくらいランニングにハマっていた夫。がしかし、ここ数年は転職の影響で休日リズムが崩れたり、夜勤や出張があったりで全然練習時間が取れず、すっかりマラソンからは離れた生活になっていました。

私も太ったけど、夫も太った。いや、夫はもともと月200~300km走っていたのでそれが無くなっては当然体型維持は難しい。私とは違う理由なんだけどもね。

私は仕事面でもプライベートでも好きにさせてもらっていて。でも夫はつまんなくないのかなーって。もちろん家族で共通の趣味であるキャンプには行ったりするけれども。

結婚当初から一人でコツコツ趣味をやるのが好きな人だったので、趣味していない夫に超違和感!!!色々諦めちゃってるのかなーーーって。中年だしね、どうせ俺なんて的な?

なので、一緒に道マラに出ることになればまた少し気持ち新たにランニング楽しめるかしら?とおせっかいな妻は思ったのでした。

4月、ようやく練習開始

夫と私の週末休みがなかなか揃わなかったのですが、主に私の休みの日に近所をジョギングする所から始めました。最初は2キロ。そこから徐々に距離を伸ばして10キロくらい走れるようになるだろうと思っていたけど甘いよね💦

元々がサボり魔の私ですのでw 仕事が忙しいとか体調がとか色々理由をつけまして、結局レース直前まで最長5キロしか練習できませんでした。

でも、つかの間の練習は結構たのしく♥ 夫と他愛もない話をして(主に息子や娘のネタだけど)ゆっくりペースでジョギングしてるとあまり疲れなかったこともあり、まあ12キロ行けるでしょ!と高をくくっていました。完全に舐めてました、私。

いよいよ当日に

そんなこんなで完全に練習不足のまま当日を迎えました。
スタート地点の大通り公園に到着!
2万人ものランナーや応援の方々が集まりものすごい熱気にそれはもうワクワクしました。
「これはきっと道マラは楽しく走れるに違いない!」
と勘違いしちゃうくらいにね。

スタートは9時だったのですが、フルマラソンのランナーたちが先に出発するため、ファンランのランナーは10分以上このスタート地点で足踏み状態。ようやく走り始められたと思ったけど、大通6丁目を出発して駅前通りで曲がるまでは先が詰まっていて徒歩でした。

5キロを過ぎ、未知の領域へ

オレンジ色のルートがファンランのコースです。大通りから中島公園➡幌平橋を渡り中の島通までは順調でした。
5キロまでは練習で(一度だけですが)経験してたので、疲労度もまあこんなものかといつものペースでゆっくりと走っていました。

道マラ経験者の夫曰く「平岸通りがなにげに辛いよ」と。

でも、平岸通り終わったらもう半分すぎてるじゃん!と結構前向きに考えていたんです、が、が。ちょっと股関節が痛くなて来たぞーーー。

関門通過まで残り3分!

レースの要項もちゃんと読んでなかった私。じつは最初の関門が南7条橋(8キロ地点)にありました。関門ってなに?何か所あるんじゃい!と考えていたら、(あと2か所あるよと夫💦※関門=ここを通過するのに制限時間を超えると自動リタイヤとなる関所のこと。
「残り3分です!」の声が。

「え、ここで3分ってことは次の関門は間に合わないんじゃない?」

すでに未知の領域に踏み込んでいて、足に痛みも出ていた私。
ここからスピード上げるなんて出来るのかーーー?制限時間という厳しい現実を突き付けられ、徐々にメンタルやられ始めました。

みんなが歩き始めた!魔の創成トンネル

そんな状態で突入した創成トンネル。
暗い!長い!なんか空気悪くて目に染みる!!!
アップダウンもあり、周りのみんなが歩きだしました。

でもトンネル突入前に若いお兄ちゃん3人組が言い残して先を行ったんです。「ここで(スピード)上げなきゃ次間に合わないね。」

え、そうなの?無理なんだけど。

リタイヤが頭をよぎりました。あ、歩きたい💦💦💦

でもきっとここで歩いた人は絶対バスに回収されるんだ。それだけはイヤだ!
どこにあったかわからないプライドがむくむくと沸いて出てきて、まさに鬼の形相で走り続けました。
歩いてるランナーを達をじりじりと抜かし、歩かず走り続けました。

トンネル越えて全日空ホテルの前あたりが一番辛かった!だって次曲がるポイントが南口じゃなくて北口だったのが分かったから。
「え、まだ全然あるじゃん!北8条まで行かなきゃダメなのーーー?ここ曲がったらゴール近いのにっ!!!」

でもそんな時、ホテルの前で応援してくれてた方が声かけてくれたんです!
「エスポラーダ、ファイトーーー!」って。
※当日は息子のエスポラーダTシャツを着用していた私。

見ず知らずの方でしたがめっちゃ力になりました。たぶんこのブログも読まないと思われますが、ありがとうございます!あなた方のおかげですと伝えたい。

ぎりっぎりだったけど完走!やったーーー!!!

北8条の通りを西に進み、ようやく西6丁目通りを左折したところでぼんやりと「完走」が現実となる気配を感じられました。
道マラでは道庁赤レンガ前を走るんです。これ、道外のランナーの方は嬉しいだろうな♪赤レンガ前にはボランティアスタッフや応援の方々がたくさんいて、みんな「あと少し、行けるよ!」と応援してくれました。この最後の応援が力になりました!

赤レンガを抜けるとあとはゴールの大通りまでもうすぐ!
完走できるっ!と言う安堵で足も軽やかになりました✨

1時間45分でフィニッシュ

何度も夫に「先に行って!」と言っていたけどずっと私のペースで走り続けてくれ、一緒にゴール!!!

完走は嬉しすぎて、晴れやかすぎて、何とも言えない喜びでした。(いや、走っている方から見ればたった12キロですけれどもね!私にとっては過酷なレースだったんですよーーー。)

ゴールすると、水がもらえたり、スポンサーの石屋製菓さんから白いロールケーキが提供されてたりと至れり尽くせり♥

優しい甘さが五臓六腑に染み渡たりました。石屋さんありがとう!

いやー、私がんばった!
苦しくても頑張るとか出産以来まったく無かったけど、自分に勝てたという意味でも本当に嬉しい経験でした。

辛いレースを支えてくれたもの

ここは夫、と言いたいところですが、いや夫ももちろんそうだけど何より沿道の応援がこんなに心強いものとは、数年間応援する側の私は全く思いもしませんでした。

街中を駆け抜けるファンランではどの通りも近所の方々が楽しみながら笑顔でランナーに声援を送っていました。

なんでこんな知らない人たちが走ってるのに笑顔で応援してるんだろーーー!
とビックリするくらい皆さんの声が励みになりました。

「頑張ってる人をただただ応援したい!」と言う人の純粋な気持ちが感じられて、パワーをたくさんもらいました。
こういうのっていいなーとココロが温かくじんわりしました。

諦めたくない気持ち

走りながらほんと辛くていつ歩こうか、止まろうか、やめるって言おうかばかり考えていたんですが。

いやでも、最初の挑戦で完走出来なかったら二度とマラソンしないかも?
何より、ちゃんと完走して子どもたちに褒めてもらいたいなーーーとムクムクと腹の底から根性が出てきまして(笑)

ほんと頑張って良かったです。有森裕子さんじゃないけど、自分で自分をほめたいと思います✨

マラソンを終え分かった事

マラソンは苦しいけど楽しい、病みつきになる人の気持ちが少しだけわかりました。

そして、出産の方が大変だったとだけは言っておきたい(笑)
股関節がくがくするのとかなにげに似ておりますw
たぶん初めてのフルマラソンは二人目の出産並みに大変なのかなと。
いや、一人目の時はもっと辛いはずだぞ。だれか経験した方教えて下さい^^

なので、ママたちは偉大なのです!みんなすごいんだよ!!!

何歳からでもチャレンジできる!

スタート地点で以前の職場でお世話になった上司と偶然再会しました。おそらく60歳近いよね。一緒に仕事してた時は私以上にぽっちゃりさんだったと思うんだけど、すっかり引き締まった「THE練習ちゃんとしてます」な体に変貌を遂げられていました。
そう、何歳になっても新しいチャレンジは出来るんですよね!
ゴールではなくスタートで再会できて勇気をもらいました✨

最後に

今回レースを終えてみて、次また挑戦したいな!と思う自分がいました。これは、母になってから自分のために頑張ることが出来ずにいた私にとってはすごく大きな心境の変化です。

自分のために痩せるは出来ないけど、もっと早く走りたいから体重を落とすは出来るかも?と思ってます。

痩せるために走るのではなく走るために痩せるんですね!目的と手段が逆だったことにも気づくことができました。

すぐにフルは無理だけど、まずは10キロをラクに、そしてハーフもチャレンジ出来たらイイな?

チャレンジします!とは言わないでおきますが(笑)

以上、長文読んでいただきありがとうございましたっ✨

Pocket