2年ほど前から通わせていただいていたお客様。出産等を挟んで久々に作業に伺わせていただきました。
作業箇所は奥様のご自宅仕事道具スペース。お仕事柄大量の道具や紙類が集まってきます。
出産前には仕組みが完成せず途中だったので、使っているうちに崩れてしまってきたということで先月・今月と2回で完成を目指すことに。

先月伺った際に帰りに子どもの遊び部屋をのぞくと、床中におもちゃが溢れている状態でした。
ママにお話を聞いてみると常にこの状態になってしまっているとの事。
保育園児の男の子ふたりなので遊びもなかなか豪快(笑)電車や乗り物が好きで、床には線路や車体、ブロックなどあらゆるおもちゃが散乱。パパとママが用意してくれたおもちゃ収納は中身が空で、ほとんどのおもちゃが出っ放しになっていました。
洗濯を干したり家族の衣類を収納する部屋でもあるので、みんなが良く出入りする空間でもあるのに、歩くのもままならない感じでした。絶対おもちゃ踏んじゃうし、壊す自身あり!

ということで、さっそくママに小言を伝える私(笑)

ママいわく、自分も片付けが苦手なので偉そうに子どもに言えない、しかも子どもたちも片付けが苦手なので自分達では片付け出来ないと思う、と。

いや、それとこれとは別問題。赤ちゃんもいる事だし誤飲の危険性があったり何よりこれが通常で良いと許可をだしてしまうことになるので、いつ片づけるとか、一個使ったら次を出す前に片づけるなどルールを作ってまずはやってみてください。

もちろんたくさん広げて遊びたい時はあるし、それはそれでよいけど、散乱しているのはあくまでイレギュラーですからね。

とだけ伝えて帰りました。

さっそくご主人とも相談してくれた奥様。
なんと、本日伺うとあのおもちゃはどこへ行ったのか?というくらい床はこざっぱり^^

これ、ほぼ息子君たち二人で片づけた状態だそうです。

ビフォー写真が無いのが残念なのですが、子供二人でここまでキレイにできちゃいます。
ケンカしながら片づけている時もあるようですが(どちらが何を片づけるとか)でもすっかり片づけるのが当たり前になったようで、しかもビックリな事に片付けをして遊ぶようになったらより遊びに拍車がかかり、テレビをほとんど見なくなったとか。
今までは床にスペースがなく、大好きな電車の線路もこじんまりとしか組み立てできなかったのが、広いスペースでダイナミックに立体交差など作って楽しんでいるそうです!

「うちの子は片付けが出来ない」とママが決めつけていたのは思い込みだった!

実はすごい出来る子たちだったのです。
奥様もすごい喜んでくれていて、この写真を皆様に紹介することを快諾いただきました。

思い込みってほんとあるあるなんですよね。
特に自分が片付けが苦手な場合に多い気がしますが、もしかして自分が苦手と思っているのも思い込みかもしれませんね!

奥様のスペースも見事にやり切って、仕事の準備がすぐにできる収納が完成しましたよ~。
k様、ありがとうございました^^

Pocket