こんばんは!札幌の整理収納アドバイザー➕建築士、竹部礼子です。
一昨日はあるお客様宅への最後のサービス日でした。美味しいお昼ごはんまでごちそうになり、可愛いワンちゃんとふれあい、仕事なのに至福の時間を過ごしてまいりました!お客様に許可頂いたのでその様子をちらっとご紹介いたします♡

H様は新居をご計画中の昨年冬に新築間取り診断をお申し込み頂き、その後の引越しサポートまでトータルで関わらせて頂きました。新築の間取りのセカンドオピニオン的サービスを開始した本当に初期のお客様です^^
新築間取り診断をして、その住宅の完成・入居まで見届けられるというのはとても幸せなことなんです。それはご提案により収納が使いやすくなったり暮らしやすくなったご感想をダイレクトに見て聞けるという点と、そのお宅の住まい方がより分かった上で新居の収納プランをご提案できるという点でHAPPYなのです♡

診断させて頂き最も大きく変わったのはリビングに設けたクローゼットの使いみちかなと思います。ご相談を受けた当初はリビングの端からの出入りになっていて、少しアクセスの悪さと使用用途の曖昧さを感じました。ビフォーはこんな感じでした。
2016年09月07日21時02分44秒

なので現在のお住いでの暮らしぶりなどをヒアリングし、思い出の品や日用品のような限られたモノだけではなく、ご主人の通勤着など毎日のモノも収納できる多目的なクローゼットになるように出入り口位置の変更をご提案!玄関ホールからもリビングからもアクセス良好となるようにしました。
あと、リビングに入ってすぐの通路も少し狭さを感じたので広げる提案もさせて頂きました。(ここは毎日何回も通るメインストリートなので、ストレスが無いようにと^^)
アフターはこんな感じです。
2016年09月07日21時02分55秒

そうやって出来たのがこのクローゼットです♡
入口付近には電話をおけるカウンターやスマホの充電スペースも設けて、機能性バッチリに仕上がりました。
意外と見落としがちなスマホの充電など、毎日使うモノのことが考えられているかもしっかりチェックさせて頂いています。(たまに考えられていないケースもあります^^;)

フレンチシックなインテリアのとってもステキなお家です♡♡♡クローゼットの入口はアーチの形状でとってもステキでした。
IMG_6111

新築間取り診断では、私の建築士としての経験からの視点と、主婦目線・女性目線で家事動線や使いやすさといった日常生活に関わる内容について、そしてもちろん整理収納アドバイザーとして無駄のない収納プランになっているかをチェックさせて頂いています。
打ち合わせ段階によっては大きな間取り変更が出来ないと言う場合もありますので、出来れば変更が可能な時にご相談いただくのがベストです。
一生に一度の大きな買い物なので、住んでみて「失敗した(´;ω;`)」という思いをされないよう、たくさんの選択肢のなかから予算などを鑑みてベターな選択をしてもらえるように、設計者とは違う目線でアドバイスさせて頂いています♡

みなさまが「納得の家づくり」が出来るのが私にとっても幸せなのです!
part2では引っ越しサポートってどんな感じかをお届けしますね♡

後悔しない家づくり「新築プロデュース」

Pocket