WIN-WINな関係が好きです。
人間関係しかり、モノと人ともそんな関係を築けたら良いなといつも思っています。

私のもう一つの活動である

モノバンク札幌

の活動もWIN-WINを大切にしています。

モノが手放せない理由はたくさんあります。
・高かった
・思い入れがある
・以前は気に入っていた
・まだ使い切っていない気がする
・モッタイナイ

でも、そんな思いの陰にあるのは

「でも、今使ってはいない」

という事実です。

じゃあ、手放す理由を作ろうというのが
モノバンク札幌を作った動機でもあります。

次に使ってくれる人がいるなら!

そして、そんなモノをぜひ使いたいなと思ってくださる方々もいます。

立ち上げたばかりの子ども食堂。
運営資金は食材に回して欲しいです。

手放した人も「使ってくれてありがとう」
譲り受けた方も「譲ってくれてありがとう」

そんなありがとうの橋渡しをどんどん増やしていけたらなーと思っています。

引き続き食器を回収しています。
子ども食堂で使っていただく事が前提なので、銘々皿やお茶碗、お椀、どんぶりなどが特に喜ばれます。(欠けやひび、汚れが無いものに限ります)

拠点までお持ち込みいただけるか、元払いの郵送にて受付となります。

また、今後は絵本なども回収項目にしようと今意見をまとめています!

リブラクで片づけに伺った際は、回収品目については無料で回収させていただきます。
子どものいる社会福祉施設で役立ちそうなモノがあればご遠慮なくご相談くださいね。

Pocket