「家を売る女」が帰ってきますね!
ってテレビ番組の話なのですが、私の大好きなドラマです。

北川景子さん演じる三軒家万智が、売却の難しい不動産物件を次々と売りまくるドラマなのですが、元住宅メーカーで働いていた身としては、フィクションと言えども共感する部分もあり、前作から家族で楽しく見ていました。

三軒家万智が勤めるのは不動産会社で、中古や新築のマンションなどを販売しています。
でも売っているのは家ではなくて、その先の未来なんですよね~。

新築住宅の販売もそうです。
モデルハウスで売っているのは夢だし、家さえ買えばゴールのような気がしてしまいますが、何事もゴールに思われることがスタートだったりします。

たまーに、家を購入したあとに「こんなはずではなかった」という後悔を聞かされることがあります。

「もっとこうしていたら・・・」とか「間取りが使いづらい」とか「失敗しました😢」とか。

それを聞くと少し切なくなります。
いや、私でも失敗ってありますしね。

自分で設計したけど、あ~こうすれば良かったとか、ちょっと言えない恥ずかしいミスとか(笑)

でも、モノの使い手って人なので。

使い方次第で欠点も克服できるんじゃないかな?
それよりもどれだけその場で充実した暮らしが出来るかの方が大事なんじゃないかなーと思います。

そしてそんな暮らしが実現できたら、ちょっとした間取りの失敗とか収納が少ないとかなんて、割とどうでもよくなるんじゃないかなーと思います。

整理収納でそんな手伝いが出来たら最高ですね!
困っている方はぜひ90分のコンサルティングを受けてみることをお勧めします。

その家の短所を長所に変えるご提案しますよ~。ぜひ問い合わせくださいね^^

片付けコンサルティング詳細

Pocket