こんな記事が目に飛び込んで来ました。

日本の家庭料理はハイスペックすぎる。世界の食卓は意外と質素
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67071

料理研究家のコウケンテツさんからの提唱です。
記事によると、外国では平日は自宅で料理をしないという方が多かったり、とても質素だったりするそう。(ドイツは肉とジャガイモetc.)

共働き世帯が多く、女性だけが家事を負担する概念がそもそもない。

「家で料理を作ってばかりだとわたし自身が輝かないじゃない。わたしが輝いてこそ家族が輝くのよ!」

ということらしいです。

朝食コーンフレークだけとか海外あるある。なんなら流行りだしねw

そして、アジア圏ではまだまだ女性の役割となっているらしいけど、 「食卓はみんなでつくる」 という考え方が日本以外では浸透しているとか。

「苦しみも楽しみも良いことも悪いことも全て分かち合うのが家族。家事も料理も当然分かち合うのがうちのルールだよ」

というのはラオスのお父さんのコメント。

ヨーロッパでは料理担当ではない人が、テーブルセッティングや後片付けを自然とするらしい。これはすばらしい分業!

そこで日本です。
●手作りの食卓
●食育
●バランスのとれた食事

等と言ったワードが、忙しいママを苦しめます。
今の30代以下の若い世代の夫たちは結構ちがうかもですが、私たちの同世代はそこについていけていない。昭和に取り残されたままの方が多いのでは?
(いつまでも女性の仕事だと思っている)

ということで、コウケンテツさんの提案をご紹介。

1) 気分がのらない日は作らない
2) 作らないことに罪悪感を抱く必要はなし
3) バリエーションを増やさない
4) 大皿料理ひとつとごはんで完結
5) 味付けは塩、醤油、味噌のみ。プラスお酢があれば粋な料理に

ケンテツさんも言っていますが、これにはごはん作らない方の人の意識改革が大事と!
本当にその通りですね。
だって、毎日献立必死に考えて、あらかじめ買い物とかして、合間縫ってなんとかごはん作って、後片付けもしてって、そんな苦労、作らない人には絶対分からないから。
どんなに子ども可愛くても辛いからーーーーー!

共働きならなおさらっ!私も会社勤めの時は正直家に居るより外の方がラクだったわ(笑)

そして、これ片づけにも言えます。
家族みんなが過ごす居住スペースです。
ママだけのモノでもなく、です。
子どもにだって夫にだって、暮らし作りに参加する必要ありますよーーー。
だって、みんなで過ごしやすい空間の方が絶対いいじゃん!

ラオスのお父さん、ほんとイイ事言うねーーー。
ぜひ、家の管理がメインじゃない方のメンバーも、しっかり空間づくりに参加して欲しいな。

お気軽にご相談ください

リブラクでは、
●もっと暮らしを自分たち好みに楽しくしたい!
●もっと家事をラクにしたい!!!
というあなたのご希望に耳を傾け、カタチにしていくお手伝いをいたします。

お悩みを明確にして、リブラクのサービスが適正化を判断いただくために、30分の無料プレヒアリングをオススメしております。
お悩みの方はぜひ一度ご連絡ください。

【ご提供中のメニュー】
●間取り診断(新築・リフォームの方向け)
●ミニマルリノベーション(空間を活かしてお気に入りに変えるリノベ)
●個人向け片づけサービス(もっと暮らしやすくするための収納計画等)