家事リストラシリーズ第3弾です。

①②はこちらからどうぞ。
家事リストラ①~掃除はロボットに任せる
家事リストラ②~掛布団カバー廃止!

私が10年前に新居を計画した時に、絶対に欠かせない!と思ったのが外国製の食洗機です。
なぜなら、日本製のモノは引き出しタイプかつ幅45㎝タイプが主流で、細かな食器を入れるのには適しているのですが、調理器具などまでは入らず、結局手洗いが発生してしまうという矛盾をずっと感じていたから。

それまでの賃貸マンションでも狭いキッチンに据え置きタイプの食洗機を置いていましたが、調理スペースが狭くなる上にモノが全ては入らず、結局手洗いもしなくちゃ終わらないということでそれはもう、とてもとてもストレスを抱えていたのです。 そこで選んだのがこちら。

我が家はミーレ社製の60cm幅タイプ

見た方には
「こんなにデカイの???」
と驚かれます。はい、デカいです。洗濯機並みかと。
そして、デカいという事は同時に、キッチンの収納が減るという事を意味します。その分を他で補填する考えでキッチンを計画しなくてはなりません。

とにかく家事をラクにしたいという一心で選びましたが、その選択が間違いじゃなかったということは、10年経った今でも確信しています!

使用手順としては
1.朝使った食器類はさっと水で流してから食洗機にセットする
2.夕食後に使った食器や調理器具をセットし、寝る直前に洗浄開始
3.朝起きたら一番に洗い終わった食器を元に戻す(夫が担当)

そして現在に至るまで毎日働いてくれています。実際に食器をセットしてみた様子がこちら。

最上段のカトラリー入れ 1日で使うほとんどの箸や包丁、調理ツールが入ります。箸は朝・夕で違うのを使えるように多めに持っています。

二段目は小さめの食器をセットするカゴ。ここには朝使ったマグカップやお茶碗など。お茶碗も朝用と夜用の1人2セット必要。

最下段の引き出しカゴ。ここはボウルやまな板にフライパン、大きめのお皿などを入れます。水筒も入ります。

食洗機って実は手洗いより節水になることを知っていますか?
わが家のタイプは使用水量が最大14リットル。ちなみに手洗いだと一回90リットル程度と言われています。また、手洗いでは使用できない高温で洗うので油汚れの落ちも良いというのもメリット。

さらに手荒れの心配も一つ減ります。美容にも貢献できるのがすばらしい!

逆にデメリットはメンテナンスが必要なことと、初期費用が高いこと。そしていつか壊れること。2年前に排水管(樹脂製)に亀裂が入り少しの水漏れでエラーが出て修理しました。部品が取り寄せになる&結構な金額ではあります。故障個所によりますが10万以下くらいにはおさまるのではという所です。
もちろん、食洗機の故障は海外製品に限った話ではなく、起こりえます。そしてコストもかかります。

そこは、自分の時間をコスト換算してみて投資と思えるなら絶対付けた方がよいです。
そしてどうせつけるなら中途半端なサイズではなく大きいサイズが本当におススメです。
毎回食事の度に食洗機を回し、洗いあがった食器を片づけるというのも、想像してもらうとそれなりの手間になることが分かるかなーと思います。

賃貸にお住まいの方は残念ながら取り付けることはできません。現在持ち家にお住まいでしたら、ビルトイン食洗機をご使用の方も今ついていない方も交換・取り付け可能です。ただし海外製の大きなタイプは電源が200Vになるので、電圧の変更も必要になってきますし、当たり前ですが最初からつける方が安く済みます。

もし今から家を建てる、そして私と同じように食器洗いがめっちゃ嫌いな人が居るならば

絶対に、ミーレ60cm オススメです!

国産よりも高いですが、元取れます!ノンストレスです!!! 他の予算を削ってでも付けて下さい!!!!!

お気軽にご相談ください

リブラクでは、
●もっと暮らしを自分たち好みに楽しくしたい!
●もっと家事をラクにしたい!!!
というあなたのご希望に耳を傾け、カタチにしていくお手伝いをいたします。

お悩みを明確にして、リブラクのサービスが適正化を判断いただくために、30分の無料プレヒアリングをオススメしております。
お悩みの方はぜひ一度ご連絡ください。

【ご提供中のメニュー】
●間取り診断(新築・リフォームの方向け)
●ミニマルリノベーション(空間を活かしてお気に入りに変えるリノベ)
●個人向け片づけサービス(もっと暮らしやすくするための収納計画等)